マンネリ カップル

 

付き合ったばかりは男女ともラブラブな時期を過ごすもの。

「このラブラブが一生続いて欲しいな」

そう思うも、月日が経てば相手への気持ちがどんどん熱は冷めていく。

嫌いになった訳じゃない、慣れただけ。

そう、どんなラブラブなカップルでも付き合えば慣れてきてマンネリ化は避けられません。

マンネリと聞くと悪いイメージを持ちますが、女性にとってはそうとも限りません。

女性にとっての「マンネリ」は安心の証

付き合ってからお互いをよく知るようになり、良いところも悪いところも含めて愛を深めていきたいのが女性の心理です。

恋愛のはじめのドキドキ感が薄らいでいくと、次は安心に変わっていきます。

安心は結婚を意識する重要なポイント。

いい意味の安心感と、悪い意味の安心感の2パターンがあり、この頃にマンネリになりやすく油断してると振られてしまう原因にもなります。

男性にとっての「マンネリ」は浮気のはじまり

女性と違って男性は付き合いが長くなり、慣れてくると他の女性に目が移りがちに。

男性は狩りをする本能的な部分を持っているので、熱が冷めてくると新しい女性を追いかけたくなります。

よく「釣った魚にエサはやらない」なんて聞いたことはありませんか?

はじめは猛烈にアピールして優しかった男性も、徐々に熱は冷めて嘘のように態度が冷たくなったり。このサイトがマンネリの合図です。

この時期に浮気をされたり、破局するカップルは多いです。

マンネリをしない工夫(テクニック)

大好きな彼氏とマンネリで刺激はないけど、別れたくはない!

そんな時の対処法をご紹介します。

飽きさせない(不安を煽る)

浮気する男性を追っかけてしまっては、別れの危機を迎える可能性があります。

付き合いも長くなって女性はやっと信頼関係という安心を得られる時期に、男性は浮気に走りやすいです。大事なのは、飽きさせないこと。

じゃあ、飽きさせないってどうすればいいの?って話ですが、一番効果的なのは不安にさせること。たまにそっけない態度を取ったり、何か隠してそうな雰囲気を出したり、もっと言えば他の男の影をちらつかせたりすることで「誰にも渡したくない」という心理を持たすことができます。

自分を美しく保つ

マンネリを迎えて女性は気持ちに余裕ができる反面、身だしなみに手を抜き始めてる女性は実はとても多いんです。

付き合いはじめ当時は、体重も気にしたり、頻繁に美容院に行って髪の毛のお手入れをしたり、最新のファッションを取り入れてお洒落に気をつかったりするもの。

付き合いも半年経つくらいから、本来の自分の姿が現れる時期。

男性の本音を聞けば「いつでも綺麗に可愛い彼女でいて欲しい」という意見が圧倒的。

お肌のメンテナンスをおろそかにしたり、スカートがデニムに変わったり、ちょっとしたことでも実は男性は気づいているケースが多いです。

ダイエットもサボりがちでだるんだるんになったお腹を見て一瞬にして幻滅されてしまうことも。

彼のことを好きなら嫌われたくないです。

3ヵ月~半年くらいが一番気が緩む時期なので、要注意!

「マンネリ」から見える未来

一番大事なのは「思いやり」を忘れてはいけないということ。

恋愛だけではありませんが、相手を思いやることができなくなればその時点で関係は途絶えます。

ムカつくこともあるでしょう。

ぶん殴りたいくらい怒りに震えるときもあるでしょう。

それでも、離れたくないという気持ちが1ミリでもあるなら、その手は離してはいけません。

必ず後悔します。

マンネリはとても自然なことです。

この先の二人にとっての見極める時期でもあります。

男性はそのことも分からず、本能に走ってしまって過ちを犯し後悔する人も少なくありません。

そうなる前に、マンネリをしない工夫を取り入れてみてください。

おすすめの記事